久しぶりにインソールの調整にいらしたさいたま市浦和区のSさん。
調子を伺うと「とてもいい」とのこと。さらに「今まで履いていた靴が履けなくなって、そのまま下駄箱の中でほったらかしになっている靴が溢れている」なんてことも仰っていました。
なぜ今まで履いていた靴が履けなくなってしまったのか?理由は簡単。サイズが違う靴を履いていたからです。Aさんのジャストフィットのサイズは22.5cm。それなのにAさんが以前履いていた靴は24.0cm。
外反母趾の方で、親ゆびの付け根が靴にあたって痛いからという理由で、大きめのサイズの靴をはく方がとても多いんです。
でもそれって実は、外反母趾を余計ひどくする大きな要因になってしまうんです。
Aさんには長さも幅もあった靴をチョイスし、それに対してインソールを作製しました。
経過は良好ですし、今回も新しい靴にインソールをとのリクエストをいただきました。
そして今となっては、以前履いていた靴は痛くなるし、なにより緩いから怖くて履けないと仰っていました。

あっという間にお盆も終わり、気づけば8月も下旬にさしかかろうとしています。昨日の夕方、仕事をしていると、どこからかひぐらしの鳴き声が聞こえてきました。
夏休みももうすぐ終わりですね。

インソール&靴工房-R

靴でお悩みではないですか?
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
インソール&靴工房-R(Plus-R内)◇
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
ホームページ:http://iiashi.com
Plus-R ホームページ:http://www.r-chiro.net
Plus-R 携帯サイト:#
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
※8/29(日)は遠征帯同のため、臨時休業とさせていただきます。