埼玉県さいたま市見沼区より先日いらしたFさん(会社員)から伺った話。

 

先生に靴のことを色々教えてもらって2年になるけどさ、

やっぱり靴をちゃんと履くのって面倒なんだよね。

取引先にお邪魔する時や、仲間といった飲み屋が座敷だったりするとさ、

脱ぐのも面倒だし、履く時もひも結ぶのが時間かかるから

あ~。待たしちゃって悪いなぁと思うんだよ。

だけどこの間さ、俺の部下が靴を履いてる時の俺の姿を見てさ

「ちゃんと紐を結んで履くの、カッコイイですね!!」

なんて言って、それから俺のマネをするようになったんだよ。

そしたらなんか嬉しくってさ。

もちろんちゃんと履いたほうが足にいいってわかってるけどさ

かっこいいって思われるなんてなんかイイよな!

 

といったことがあったそうです。

まさに紳士の履物。紳士靴ですね♪

 

靴をちゃんと履かないでいると足と靴が痛みます。

そういった意味で、ちゃんと靴を履くというのはとても大切。

だけれども、違う意味でも良い事があるんです。

 

先日私が出た講習会で、食事の前に「いただきます」という意味を聞きました。

もちろん食物・生産者・調理者などに感謝をするという意味もあるけれど

「いただきます」と誰かに感謝をすることで自分の精神衛生が良くなるとのことです。

 

紐をちゃんと結び、靴をしっかりと履くという行為も

自分の体と自分の靴を大切に考えるということに繋がりますし、

何より、靴を履く時間、「ゆとり」がある人間って魅力的だと思います。

そして「ゆとり」を持てれば、精神衛生の向上にも繋がるのではないでしょうか?

いつも何かに追われているよう、一つのことだけしか考えられない。

そんな、セカセカした男ではなく、

ゆとりがあるのを、周りにも感じられるような紳士になりたいものですね♪

 

 

R-カイロプラクティック 市塚徹

Facebookページ♪
R-カイロプラクティックのFacebook
Twitter♪
R-カイロプラクティックのtwitter

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R(埼玉県さいたま市)
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515

顎関節のお悩みもお任せ下さい!/Plus-R
紳士靴もお任せ下さい!/R-カイロプラクティック(インソール
慢性的な頭痛もお任せ下さい!
/Plus-R(携帯版)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません