群馬県富岡市よりお越しのIさん。某大学の駅伝部に所属しています。
そんなIさん、数カ月前より腸脛靭帯炎にお悩みで、
練習もろくに出来ていないそうです。

腸脛靭帯炎は別名「ランナーズニー(ランナー膝)」とも呼ばれますが、
主たる原因は、「オーバーユース症候群(使いすぎによる損傷)」とか
O脚だとなりやすいなどと学校の授業では習います。
もちろん専門書にだってそのように書いてあります。
私自身だってそういうことはあると思います。
他には走るときのフォームなども考えられるし、
先天的な要因だって関係してくると思います。

ただですね、この教え方、ちょっと語弊があると思うんです。
私が思うに、
「履いている靴のサイズが適正で、その靴が持つ機能を
十分に発揮できる状態であるにも関わらず、疼痛を呈する場合は」
という一文を先に付けるべきではと。

どういうことかというと・・・
これがIさんの履いているレーシングシューズです。

紐をちゃんと締めると、これ以上締められないってところまで締められてしまうし、
それにより靴の生地もたわんでしまいます。
さらに、紐が余ってしまい、地面に付いてしまうほどの大きな蝶結びとなってしまいます。

Iさんのジャストフィットは25.0cm。ですがこの靴は26.5cm。
数字でも写真でもわかるように、明らかに大きすぎます。
こんな靴を履いていたら、腸脛靭帯炎に成るのは当たり前です。

人間の足はサンダルやスリッパのように踵の囲いがない靴や
大きい靴を履いた時は足の外側(小ゆび側)に体重がかかることが多いです。
そうするとO脚になりやすく、腸脛靭帯炎にもなりやすい。。。
ということです。

医療従事者たるもの、机上の論理だけにとらわれず、
もっとビジョンを広くするべきだと思います!!
Iさん、任せといてね!!

R-カイロプラクティック 市塚徹

Facebookページ♪
R-カイロプラクティックのFacebook
Twitter♪
R-カイロプラクティックのtwitter

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R(埼玉県さいたま市)
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515

坐骨神経痛もお任せ下さい!/Plus-R
腸脛靭帯炎もお任せ下さい!/R-カイロプラクティック(インソール
慢性的な肩こりもお任せ下さい!
/Plus-R(携帯版)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません