この記事は埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-Rのブログを
転載したものです。

 

埼玉県さいたま市よりお越しのYさん。

Mさんは某所にあるリハビリセンターで働く作業療法士さんです。

もともとは施設のドクターからの紹介での

脊柱側弯症を伴う腰痛症で来院されていたのですが、

当施設でインソールを作製していると知ってからは作業療法士としての血が疼き、

興味本位でインソールを作製したのが始まりですが、

初めてインソールが入った靴を履いてから

「先生が手を加えた靴の虜になったわ」

と仰ってください、以来ずっと作製のご依頼を頂いています。

作業療法士という仕事は、患者さんが寝ているベッドの上に足を乗せたり~

と、靴を脱ぐ機会が少なからずともあるのですが、

Yさん自身、「サンダルは履きたくない」とのご要望がありましたので

Yさんの仕事履きは脱ぎ履きのしやすいファスナー付きの

ウォーキングシューズにしています。

作業療法士が作業するときの靴

加えて、仕事中に蒸れるということを極力回避するために

生地はメッシュのものをご紹介させて頂いています。

この様に当施設では、できるだけ履く方のニーズに合わせた靴を

ご紹介させていただきます。

 

Plus-R

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません