この記事は埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-Rのブログを
転載したものです。

世間一般でいうお盆休みも終わり、当院にいらっしゃる患者さんからも

お盆期間中のお出かけの話をたくさん聞く時期でもあるのですが、

様々な事情により、お出かけをせずに家で過ごす方ももちろんいらっしゃいます。

 

埼玉県さいたま市西区よりお越しのHさん。

Hさんは御歳89歳。

変形性膝関節症の既往があり、現在も膝の痛みがあるとのことで、

何か痛みを和らげる手立てがないかとHさんの娘さんより相談を受けました。

 

お話を伺うとHさんは年齢的なこともあるのと膝の痛みがあるのとで

外にでる機会が多くないとのことでした。

履いて・使って、初めてインソールはその威力を発揮します。

しかし外出しないのであると、介護靴やウォーキングシューズなどの外履きに

インソールを作製しても意味がありません。

ということで今回は室内履きのスリッパにインソールを作製しました。

膝の痛みとスリッパへのインソール作製。

足袋にインソールを作製するというアイディアもあるのですが、

脱ぎ履きのこと・洗濯のことなどを考えると実用的ではない。

などなどいろんなことを考えた上でスリッパを選択しました。

さらにこのスリッパの場合、スリッパ自体にも比較的加工をしやすいんです。

スリッパの加工とインソール作製後には膝の痛みがとても楽で

外に出る意欲もまた湧いてきたと仰ってくださいました。

 

Plus-R 市塚

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません