この記事は埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-Rのブログを
転載したものです。

埼玉県さいたま市北区よりお越しのJさん。

以前より足の裏親ゆび付け根部分痛むことがあり、

整形外科にかかったところ

種子骨障害

診断されたそうです。

 

そちらの整形外科で作ってもらったインソールを使用しつつ

リハビリなどのために通院もしていたそうなのですが、

痛みがなかなか引かず。

そんな時に知人から紹介されて・・・との経緯での来院です。

 

まず通例通り足の検査計測を念入りに行います。

するとJさんの足のサイズに対して、現在履いている靴のサイズ

4サイズ(2cm)も大きいことがわかりました。

そのに入れて使っていた

整形外科で作ってもらった足底挿板(インソール)

もちろんガバガバ…。

これにはJさんも驚いていました。

これでは種子骨に負担がかかって当然です。

種子骨障害に関してはこちらをどうぞ♪

↓↓↓↓↓↓↓

親ゆびの付け根(足の裏側)が痛くなる種子骨障害の原因と対策

↑↑↑↑↑↑↑

 

足の幅がちょっと広く、若干踵が細いJさんには

mizuno社製のランニングシューズを紹介させて頂き

これに対して靴の補正インソールの作製を行いました。

種子骨障害とランニングシューズ。

しかもこの靴、型落ちで安く仕入れることが出来たので

とてもお買い得でした♪

 

その後は種子骨障害による足の裏の痛みも徐々に軽減され

1ヶ月たった今では、まるっきり痛みを感じることが無くなったそうです♪

 

目が悪くなったら眼鏡を作るのってとても大事でしょうが、

まず大事なのは「視力検査」ですよね♪

 

Plus-R 市塚

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません