この記事は埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-Rのブログを
転載したものです。

冬休み中は多くの子どもが来院され、それぞれが様々な悩みを抱えていました。

 

この冬にかぎらず開業以来ずっと、本当によく目にするのが

カーリートゥ

 

読んで字のごとく、足のゆびがカールするのですが、

カーリートゥと子どもの足

上の写真では4・5趾ともにカールしているのがわかるかと思います。

 

このカーリートゥ

症状としては「無症状」であることが多く、

本人も気にする様子がないことがほとんどです。

 

確かにカーリートゥ小児の足によくみられ、

成長とともにゆびの形がまっすぐになっていくこともあるので

特段気にするということはない。

といった見解もあるし、整形外科経過観察を促されることも多々ある。

 

しかし、上記写真のように、足趾背側(足のゆびの甲側)に

胼胝タコを形成している場合は

明らかにのサイジングが間違っている証拠で、

そういった靴の環境を改善させずに経過観察をしていると

将来的に何か不具合が他に出てくる可能性が大いにあるわけです。

 

痛くないから大丈夫。

けど、痛くなってからでは遅いかもしれません。

 

くどいかもしれませんが、

痛くなくてもカーリートゥ自体が何かのサインかも知れません。

 

みなさんの足のゆび曲がっていませんか?

 

木を見て森を見る。

局所を見て全体を見る。

とても大事だと思います。

Plus-R 市塚

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません