この記事は埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-Rのブログを
転載したものです。

東京都足立区よりお越しのYくん。

サッカー少年のYくんは数カ月前より

親ゆびの付け根で足の裏側が痛くなったそうで

整形外科を受診したところ

種子骨障害

と診断されたそうです。

 

整形外科では

アイシングテーピング安静

を指示されたそうなのですが、経過は良くなく

サッカーにもなかなか復帰できずにいたそうです。

 

通例通り、最初は足の検査計測を念入りに。

するとYくんの足の形が数値的にも理解できるようになってきて

Yくんはサイズと形状が合っていない靴を履いていることがわかりました。

 

そこで大事になるのが

靴の選び方

をYくん自身、そしてYくんの親御さんが知るということ。

靴の選び方についてはこちらをご覧ください

靴のサイズの選び方

 

YくんとYくんの親御さんに靴のサイズの選び方

知っているからわかっているの状態まで

理解を深めてもらえるように説明をしっかりとして、

さらにそこからメーカー靴の種類のアドバイスをさせていただき、

それを元にをご用意いただきました。

 

結果、今回お持ちいただいたのが

24.0cmのランニングシューズ

24.0cmのサッカートレシュー

24.5cmのサッカースパイク

の3足です。

子どものサッカー・種子骨障害・靴の選び方。

 

靴のサイズの選び方が分かるようになると

このように同じ人間が履くでも

メーカー・シリーズ・用途…

などによって購入する靴のサイズが数値的に変わってくることもありうる。

 

ということが理解できるようになります。

このように、

ユーザー自身が靴の選び方がわかるよう指導をする。

といったことも、Plus-Rが大切にしていることの一つです。

 

3足の靴に

インソールの作製と靴の補正を行うPlus-Rフィッティング

を行ったあとは

早々に種子骨障害による足の親指付け根部分の痛みはなくなり、

いまではオールアウトでサッカーに取り組めていると

たいへん喜んでいただけました。

 

【お知らせ】

2016.5.17 多くの方に支えられ、お陰様で当院も開業10周年を迎えることができました。

ありがとうございます!

日々アップデートしつつ、皆様に寄り添えるよう頑張っていきますので

これからもよろしくお願い致します。

開業当初と比べ現在はインソールの業務、

心理学をベースとしたコーチングの仕事と合わせてかなり増え、

「身体・足・靴・心」と人を総合的にみるようになりました。

そこで開業10周年を契機に「Plus-R」として活動していくこととなりました。

こちらもよろしくお願い致します。

詳しくはいい足どっとcom運営、Plus-R概要をご覧ください。

Plus-R概要

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません