この記事は埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-Rのブログを
転載したものです。

 

埼玉県春日部市からおみえになったテニスプレーヤーのSさん。

以前から

有痛性外脛骨

でお悩みだそうで、テニスのプレー後が特に、

時によってはテニスプレー中裸足歩行でも

外脛骨部が痛み困っていたそうで

知り合いのお医者様に紹介されて。

といった経緯での来院です。

有痛性外脛骨についてはこちらをご覧ください↓
内くるぶしの下が痛くなる有痛性外脛骨の原因と対策

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとSさんは荷重が踵寄り後足部荷重

しかも内側縦アーチ方向に荷重していることがわかりました。

 

内側縦アーチ方向に荷重するということは

外脛骨部が地面に近づく

ということです。

 

これでは外脛骨部痛むのは当たり前です。

 

今回は荷重がもう少し前よりになるように加えて

内側縦アーチ荷重が減少し、

もう少し外側縦アーチでも荷重をできるように

普段履きテニスシューズインソールを作製し、

さらに靴の補正を行うPlus-Rフィッティングを行いました。

テニスシューズと有痛性外脛骨。加えて対処療法について。

 

今回のテーマはズバリ

足関節(足首)の補正

です。

 

縦アーチやら荷重やらという言葉が出てくると

足の裏のことを想像する方が多いですが、

それらはある程度

足関節(足首)

補正することが可能です。

 

先日始めていらした有痛性外脛骨でお悩みの方から

検査計測を行ってしばらくした後

「現在通っている整骨院レーザーをやっていたところ

外脛骨の痛みがだいぶ良くなってきたようなので

今回はインソールの作製を見送らせてください」

との連絡をいただきました。

 

もちろん外脛骨の痛みレーザーによって緩和してきたということは

大変喜ばしいことであるのですが、

例えば今回のように痛みを起こす要因

足関節(足首)にもある場合は

やはり足関節(足首)をなんとかしなければ

根本的な解決にはならないと思うのです。

 

偏頭痛の方にバ○ァリン。

大いに結構。

ただ痛み止め痛み止めであって

痛みの原因を解消してくれるわけではありません。

 

そう考えると

なぜ偏頭痛を起こすのか?

を知り、そこを解決することが大事だと思うのです。

 

そう考えるとレーザーによって痛みが緩和されてきた。

これは私自身の考えでは少し・・・

と思ってしまいます。

 

あ、もちろん首記のSさん、

外脛骨の痛み裸足でもなくなってきたと

大変喜んでいただけています。

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。