この記事は埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-Rのブログを
転載したものです。

 

埼玉県越谷市からお越しのSさん。

お仕事で安全靴を履くSさんのお悩みは

足底腱膜炎

 

以前より土踏まずのちょうど境のところあたりが痛く、

整形外科を受診したところ

足底腱膜炎と診断され、レントゲンを撮ったら

踵骨棘

も確認できたそうです。

 

足底腱膜炎踵骨棘についてはこちらをご覧ください
かかとが痛いとトゲまでできる?足底腱膜炎の原因と対策

 

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとSさん。

ジャストフィットの靴サイズより

3サイズ大きな靴を履いていることがわかり、

さらにSさんの足はと~っても細いことがわかりました。

 

安全靴には

・つま先を固くしてゆび先を保護する

・何かあったときのためにタップリとした作りで遊びを持たせる

などといった

足の安全をできるだけ確保する

という安全靴たる所以があります。

 

ですから安全靴がタイトな作りになってしまうと

安全性を確保できなくなってしまうわけです。

 

しかし、そんなたっぷりとした作りの安全靴

足が細い人が履いたり、

実際の足サイズよりも大きな靴を履いてしまうと

リンクページでも説明があるように

靴の中で足が暴れて

足底腱膜炎になる一因となってしまうわけです。

 

今回はまず、

Sさんに合った靴サイズの安全靴を購入し直してもらい

その安全靴に対して

細い足が暴れにくくなって

安定性を確保できるようなインソールの作製

靴の補正を行うPlus-Rフィッティングを施しました。

足底腱膜炎と安全靴。

 

Plus-Rフィッティングを行った後は

「仕事で歩き回っても足が疲れなくなったし

 足底腱膜炎もきにならなくなった。

 何よりこんなに楽に仕事ができるようになるなんて

 思っていなかったから

 とても嬉しいです」

と大変喜んでいただけました。

 

安全靴ってとてもクセのある靴

だけれどもそんな安全靴にだって

楽に履くことができる工夫はいくらでもあります!

 

安全靴にお困りの方、

ぜひPlus-Rにご相談くださいね♪

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。