この記事は埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-Rのブログを
転載したものです。

 

タイトルだけ見ると

と思う方もいるかもしれませんが

バスケットボールをやっていたって

ランナーズニーになることがあるんです。

 

埼玉県川口市からお越しのSさん。

バスケットボールプレーヤーであるSさんは

以前から膝の外側が痛むことが多く、整形外科を受診したところ

腸脛靭帯炎

と診断されたそうです。

 

この腸脛靭帯炎。一般には

ランナーズニー

という俗称で知れ渡っており、

競技特性の中に走行が入る運動をしている方には

比較的メジャーな運動障害です。

 

俗称の通り、ランナーに多い運動障害なのですが

Sさんのようにバスケットボールでもランナーズニーになりますし、

自転車競技などでもランナーズニーになります。

 

初回に検査計測を入念にしたところ、

Sさんのは非常に細く、さらに

アキレス腱の形状を見るからに

捏ねて走る癖が推測されました。

アキレス腱の形状走りの癖を予測することができるんです!)

 

踵が細いがゆえに

靴の中でかかとが内外に暴れ

されにSさんの走行の個性として

捏ねる

動作が加わり、それらがへと伝わる。

そして結果ランナーズニーの一因に・・・。

 

今回は

踵の安定性と走行時の捏ねグセの補正をテーマに

インソールの作製靴の補正を行うPlus-Rフィッティング

を行いました。

バスケットボールとランナーズニー。

 

 

Plus-Rフィッティング後は

「最初は違和感があったものの今では随分この靴に慣れ、

気付いてみたら膝の痛みが驚くほど無くなっていました!

と大変喜んでいただけました。

 

靴を見れば足が分かる。

そこがインソール屋でもなく靴屋でもない

足屋であるPlus-Rブランドだと思います。

 

足と靴にお困りの方、ぜひご相談くださいね☆

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。