この記事は埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-Rのブログを
転載したものです。

東京都北区よりお越しのAくん。

中学生サッカープレイヤーであるAくんの悩みは

有痛性外脛骨

常に痛むことがあるわけではないけれど、

地味に痛くなることがあり、それが気になるそうです。

 

有痛性外脛骨についてはこちらをご覧ください

内くるぶしの下が痛くなる有痛性外脛骨の原因と対策

 

こちらのAくん

中学生レベルでかなり高いレベルでプレーをしているようで

Aくん自身もその意識がちゃんとあり、

日常生活からサッカーに傾ける熱量の多さを会話の中からも感じ、

話を聞いていても大人の私が感心することが多々あります。

 

そんなAくんが

中学を卒業してからの進路が、これからの自分を大きく変えると思うので

この一年は自分にとって勝負の一年になると思うんです。

と言っていました。

 

15歳にしてこの言葉。

素晴らしいです!

勝負の一年と言いつつも、実行に移さない大人はいくらでもいますし^^;

 

そして先の言葉に続けて

だから全力でプレーできるようにしてほしいんです!

とのリクエストがありました。

 

こちらとしてもその思いに全力で答えるしかないっすね!

 

ということで、まずは足の検査計測を入念に。

するとAくんの外脛骨の形状がちょっと独特であることがわかりました。

そしてその形状が靴の踵の形状に干渉したりしなかったり。。。

そんなところが歩行分析からわかりました。

 

ということで今回はサッカースパイクに対しての

Plus-Rフィッティング

サッカースパイクと有痛性外脛骨。

 

何度歩いても、どんな動きをしても、

同じ動きが再現できるように。

そこを目指して今回はスパイクの形だし補強を行い、

それをフォローするインソールを作製しました。

 

Plus-Rフィッティングを行なった後、2週間ためし履きをしてもらった後の感想は

この2週間、外脛骨が痛むことが一度もなくって

本当にサッカーに集中することができました!

と、とても喜んでもらえました!

 

熱い思いには熱く応えたいし、

いつでも応えられるように頑張らなくては!

と、自分自身を奮い立たせるきっかけをもらえた気がします。

 

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。