この記事は埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-Rのブログを
転載したものです。

埼玉県朝霞市よりお越しのRさん。

Rさんの悩みは

内反小趾による小ゆびの痛み

とのことです。

 

仕事柄パンプスを履くのだけれど

両足ともに小ゆびが靴に当たって痛くなってくるそうです。

 

実際にをみさせていただくと

 

小ゆびの付け根の関節部分が赤く、若干盛り上がり、

今まで履いていたパンプス

その関節部分が膨らみ、革が伸び、

内側の生地も薄く剥がれていました。

 

ここで気になったのが足の形状と靴の形状

Rさんのつま先形状は少し個性が強い形で

Rさんが好んで選ぶ靴の形状と合っていませんでした。

 

靴のつま先形状って色々あるけれど、それは

お好きなデザインをどうぞ~♪

ってわけではなく、

足の爪先形状に合うように

靴のつま先形状のバリエーションが有るんですよ!

知ってましたか!?

 

靴の形状の選び方についてはこちらをご覧ください
足の形状と靴の選び方~名画を例に~

まずはRさん自身の足の形状のことをお話させて頂き、

今後の靴選びのアドバイスを。

 

そして今回はそれをもとに選んできていただいたパンプスに

インソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

内反小趾とパンプスと爪先の形状。

 

特に今回はトウボックス(爪先部分の空間)の

空間コントロールを入念に。

 

Plus-Rフィッティングを行って1ヶ月半。

「このパンプスだったら小ゆびが痛くなることがないです!」

との報告をいただくことができました。

 

そして足の小ゆびの付け根の関節部分の赤みも引いてきました。

 

靴選び。

ちょってしたコツを押さえるだけで

日々の靴生活の快適度が変わりますよ~♪

 

Plus-R来院時には

そういったコツも一つ一つ丁寧に教えていきます♡

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。