この記事は埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-Rのブログを
転載したものです。

埼玉県狭山市よりお越しのKさん。

Kさんは1年ほど前から

右足の3・4趾(手でいう中指と薬指)付け根部分が痛み

整形外科にかかったところ

モートン神経腫

と診断されたそうです。

 

最初はサポーターを処方されたりしたものの効果はなく、

ステロイドの注射をしたものの、なかなか快方に向かわなかったそうです。

 

そんな時、病院の理学療法士より紹介されて…

といった経緯での来院です。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとKさん。

普段は23.5cmのを履いていたものの

ジャストフィットは21.5cmであることがわかりました。

さらにKさんの足は幅がJIS規格で言うところのBで

非常に細い足だということもわかりました。

 

小さくて細い足なのに大きくて幅の広い靴を履いて。

それで横アーチが潰れる要因となり

結果、総趾神経に悪さをする。

モートン神経腫あるあるです。

 

今回はKさんに合ったを紹介させて頂き

それに対して

インソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

 

通常そこでネックになるのが靴のサイズ

レディースで21.5cmというはなかなかないし、

さらに幅がB細い靴も店頭で見かけることは皆無に等しいです。

 

しかしPlus-Rはプロの足屋さん。

そんなでもあるんです。

 

今回はnew balance社製のウォーキングシューズです。

モートン神経腫とウォーキングシューズ

サイズはもちろんジャストフィットで

21.5cmの幅がB。

※ちなみにこちらのは市場に流通していない靴です。

 

初めての靴の履き心地に感動していただけたようで

「ようやくこの靴に落ち着けそう」

と仰っていました。

 

聞くと、今までは足が痛いから

靴を取っ替え引っ替え購入していたそうです。

靴の種類の問題ではなく、靴の質の問題。

そして何よりサイズが合っていなかったのが大問題でした。

 

Plus-Rフィッティングを行なった後は

足の痛みも気にならなくなったようでさらに感動。

 

そして1ヶ月半経った頃には

「この靴ならどこまででも歩いていけるんです♪」

との感想をいただくことができました!

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom』

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。