これは埼玉県さいたま市のインソール作製施設「Plus-R」のブログです。

 

埼玉県さいたま市北区よりお越しのYさん。

女子バスケットボールプレーヤーであるYさんは

2年前、バスケットボールのプレー中に

「前十字靭帯損傷」

をし、以降ずっと膝の痛みと不安定性に悩まれているそうです。

 

バスケットボールと前十字靭帯損傷。

競技特性を考えてもよくある組み合わせのスポーツ障害です。

 

 

しかし、だからといって仕方がないで済ますことはできませんし

何よりそれでパフォーマンスが落ちているのであれば

いち早くなんとかしてあげないといけません。

 

まずは通例通り足の検査計測を入念に。

するとYさんの足首は非常に柔らかく、

足首の可動性は

関節可動域の正常範囲から大きく外れ、

柔らかいというより弛いような感じでした。

 

お話を伺っていくと過去に

「足関節捻挫」

の既往もあるようでした。

 

さらに機械計測では立っているときの重心が

かかと側にあり、後傾であることがわかりました。

 

かかとに重心がかかり、

その上にある足首は弛い。

要するに足首周りが不安定になる要素が揃っていて

すると、その上にある膝も不安定になる。

 

ということで今回はまず

「足首周りの安定性の確保」

をテーマに

インソールの作製と靴の補正を行う

Plus-Rフィッティング

を行いました。

前十字靭帯損傷とバスケットボールシューズ。

 

Plus-Rフィッティングを行って2ヶ月経った頃には

「膝に対する安心感がかなりあるし、

シャトルランでもスピードアップを感じられました」

と喜んでいただけました。

 

競技レベルでのプレーと、スポーツ障害は切っても切れない仲ですが

そこに対するアプローチどころか、

パフォーマンスを上げるアプローチだってできるんですよ~!

 

Plus-R 代表 市塚

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正:Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。