これは埼玉県さいたま市インソール作製施設「Plus-R」のブログです。

 

埼玉県さいたま市浦和区よりお越しのUさん。

Plus-Rのインソールを10年ほど愛用してくださっていて

今までに10足以上のインソールを作製しています。

 

そんなUさんが

「5~6年前に室内トレーニング用で買ったが久しぶりに出てきたんだけど

サイズも合っているし、靴もとてもきれいだから

このにもインソールを作って欲しい」

と1足のをお持ちくださいました。

 

を見させていただくと

サイズ形状もUさんにピッタリ合っているものでしたし、

使用頻度も多くなく、室内履きであったせいもあり

確かにとてもきれいな靴でした。

 

ぱっと見の外見だけ見るとまるっきり問題なかったのですが、

よーく見ると…

私なりに思うところがあり、

そのあたりをUさんにきちんと説明させていただき、

「今回はインソールの作製をやめたほうが良いですよ」

とお話させていただきました。

 

Uさんも十分納得ししていただけたようで、

そのPlus-Rインソール無し室内履きとして履くことにし、

室内トレーニング用の靴を新たに用意して

そのインソールの作製と靴の補正を行うPlus-Rフィッティング

行うことにしました。

 

なんてことがあって3週間。

室内トレーニング用新しい靴を持ってきてくれたUさんから

予想通りの一言が。

 

「この間持ってきて先生にやめたほうが良いですよって言われた靴。

先生の予想通りダメになっちゃいました」

と。

 

だめになったそのがこちら。

靴にも使用期限がある。加水分解って知っていますか?

靴にも使用期限がある。加水分解って知っていますか?

 

靴の本体とアウトソールがきれいに剥がれてしまっています。

室内をランニングしている時、なんの前触れもなく突然

ベロン

と剥がれたそうです。

 

これは

加水分解

という、ようは

経年劣化

の一種です。

 

アウトソールにもいろいろ種類がありますが

なかでも

ポリエステル系

アウトソール加水分解しやすいです。

 

そして加水分解は生産後5~7年で発生しやすく、

日本のような高温多湿な地域はより発生しやすいんです。

 

最初Uさんに靴を見せていただいた時、すでに

加水分解の兆候が見えていて、それらを考慮すると

このインソールを入れても自体が長持ちせず、

せっかくお金をかけて作ったインソールがすぐに無駄になってしまう。

そう思ってインソールの作製をお断りさせていただいたわけですが、

まさに思ったとおりでした。

 

靴を保管する上で大事なのは

「常温・低湿・空気の通りを適度に保つ」です。

そして新品だからいつまでもOKというわけではないんですよ!

 

Plus-R 代表 市塚

*全国対応可能*
【認知症の方向け。市販靴へのGPS端末埋め込み加工】

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正:Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。