船底形状の靴と土踏まず部のタコ。流行靴を使用した代償。

埼玉県上尾市よりお越しのMさん。

 

ケニアの先住民族である

「マ○イ族の歩行」

がコンセプトで、

側面から靴を見るとアウトソールが船底状になっている

一時流行った靴を愛用者でした。

 

今年の頭から足の裏の皮膚が固くなるようになってきて

膝も痛くなってきたので

現在の靴のチェックをしてもらいつつ

インソールを作って欲しいとのリクエストでした。

 

初回に現在履いている靴をチェックさせてもらいつつ

足の検査計測を入念に。

もちろん現在の足の状態も確認させていただきました。

 

ちなみにこちらがMさんの足。

船底形状の靴と土踏まず部のタコ。流行靴を使用した代償。

 

土踏まずのあたりが黒ずんでいるのがわかりますか?

角度を変えてもう一枚。

船底形状の靴と土踏まず部のタコ。流行靴を使用した代償。

 

丸の部分がご本人に自覚のある問題箇所です。

 

通常足の形状は側面から見ると

ゆびとかかとが下にさがっていて

土踏まずが上にあがっている

凸状になっています。

 

そしてその足の形態に合うよう

靴の形状も凸状になっています。

 

しかしMさんが愛用していた靴のコンセプトは船底形状。

ゆびと踵が上にあがっていて

土踏まずが下にさがっている。

つまり凹状で、通常の靴とは真逆の形状をしています。

 

凸状の足が凹状の靴を履き立位や歩行で自重がかかる。

それが続くことにより

本来あるべき凸形状が損なわれ凹形状になってくる。

それにより普段当たらない土踏まず部が靴に当たるようになり

今回のようなイレギュラーな足の状態になる。

 

といった過程が成り立つということが考えられるわけです。

 

さらに船底形状で不安定な靴なので、

その上にある膝関節も不安定になり・・・。

 

実はこのケース、今までにも数例ありました。

 

ということでまずは靴選びからとなったわけです。

 

流行に敏感なのは素晴らしい!

できれば流行に乗ってどんな未来が待っているのか?

それを考えるのが必要なときもあるかもしれませんよね。

 

Plus-R 代表 市塚

*全国対応可能*
【認知症や徘徊でお困りのの方向け。市販靴へのGPS端末埋め込み加工】

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製と市販靴の加工/
カイロプラティック・整体・骨盤矯正:Plus-R
足と靴の情報サイト『いい足どっとcom

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
Plus-R
オーダーメイドインソール作製・市販靴の加工
認知症の方や徘徊でお困りの方向け、市販靴へのGPS端末埋め込み加工
カイロプラティック・整体・骨盤矯正
コーチング・コミュニケーションセミナー
住所:埼玉県さいたま市西区宝来2224-1
電話:048-671-1515
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
※疾患名等は医師の診断によるものです。また、当施設ではそれらに対して治療するものではありません。

Follow me!