埼玉県さいたま市のインソール作製と市販靴のGPS端末埋め込み加工施設、Plus-R®が運営する足と靴の情報サイトです。外反母趾・有痛性外脛骨・足底腱膜炎・種子骨障害やかかとの痛みなどの足の悩みや子供の足のことや・靴の悩みなどの情報が満載!!

靴のサイズの選び方

メーカーによってサイズが違う・・・

そういった感覚、多くの方が感じたことがあると思います。

ここでは靴に記載してある数値による靴のサイズに惑わされることなく、より足にフィットした靴を探すことができるようになる一つの方法を説明したいと思います。

靴は同じメーカーでもサイズが違うことがある

例えばこちらをご覧ください。

靴のサイズの選び方

アシックス社製のランニングシューズです。

品番はTJX695とTJR265です。サイズを見てみるとTJX695には25.5cm、TJR265には26.5cmと記載されています。

靴のサイズの選び方

靴は0.5cmが1サイズなので、ようするに大きさが2サイズ違う事になります。

この二つのランニングシューズに入っている中敷き(インソール)は

靴のサイズの選び方

TJX695がオレンジ色、TJR265が青色です。

この二足の靴に入っている中敷き靴から取り出し、2種類の中敷きを重ねてみると

靴のサイズの選び方

見てわかるようにちょうど同じ大きさ(長さ)です。

メーカーが同じアシックス社製で、使用目的も「走る」という同じ目的で、さらに2サイズ違う靴なのに、こういったことがあるんです。

 靴によるサイズの違いがどうして起こるのか?

これには様々な要因があります。

例えば靴は「木型」という、靴のベースとなる型があり、その木型が違うと、「捨て寸」のあるなし、もしくは「捨て寸」の長短というのが生まれます。

「捨て寸」とは何かというと、靴にかかとを合わせて、その時につま先部分に出来るゆとりのことです。

靴のサイズの選び方

上記の写真だと赤い矢印の部分が捨て寸となります。

数字に惑わされず、どのように靴を選べばいいのか?

それは「捨て寸」がどのくらいあるのかというのを見て判断します。

中敷きが外れる靴であれば中敷きを靴から取り出し地面に置き、前述のとおり中敷きのかかと部分に足のかかとを合わせ、

自分の足で一番長いゆび(親ゆびor人差しゆび)から中敷きの先端まで

大人・・・8mm~1cm

子ども・・・6mmほど

余る靴がちょうど良いサイズとなります。

ぜひ靴選びの参考にして下さいね!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

埼玉県さいたま市のオーダーメイドインソール作製院 Plus-Rへのリンク

靴へのGPS端末埋め込み加工へのリンク

Blogへのリンク

著作権に関するお願い

いい足どっとcomはPlus-R®が運営する足と靴の情報サイトです。
このサイトに掲載されている文章・画像などはPlus-R®に著作権があります。
文章及び画像等の画像等の無断転載はご遠慮下さい。

サイト運営者掲載本

PAGETOP